すべての商品一覧

ご質問・ご感想など

ドルクスダンケでは、お客様から寄せられた貴重なご意見・ご質問をより良い商品・サービスの提供に生かしてまいりたいと考えています。 みなさまのメールをお待ちしております。

営業日

休業日(休業日翌日のお届け指定が出来ません)

※休業日でもネットでのご注文・メールでのお問い合わせは24時間お受けしております。尚、お返事は翌営業日に順次対応させて頂きます。

営業時間AM11:00 ~ PM20:00

人工蛹室

人工蛹室

人工蛹室_イメージ

羽化不全の防止、羽化の観察に!


弾力性に優れたウレタンスポンジを使用し、自然の蛹室を再現しました!


*画像と商品の色は異なります

詳細を見る

商品のバリエーション

前へ

メガエッグM

現在販売価格 ¥ 1,480 税込

メガエッグL

現在販売価格 ¥ 1,480 税込

メガエッグLL

現在販売価格 ¥ 1,560 税込
次へ

「カートに入れるを押す」と、数量『1』が入ります。

変更したい場合は、カート内で数量をご変更ください。

商品名をクリックすると、一瞬表示が乱れます。

人工蛹室

商品について

人工蛹室は、羽化不全の防止、羽化の観察にお勧め!

弾力性に優れた最高級のウレタンスポンジを使用し、自然の蛹室と同等以上の物を再現しました!

*画像と商品の色は異なります

◆こんな時にお勧めです。


  • 1.蛹室が壊れてしまったとき。
  • 2.マットや菌床が劣化をしてしまった状態で蛹になったとき。
  • 3.大型の個体で羽化をしそうな蛹のとき。
  • 4.その他、蛹室の状態が思わしくない時。(カビ、水分過多等)
  • 5.遺伝性のディンプルおよびシワも最小限に防ぎたいとき。
  • 6.羽化不全を最小限にしたいとき。
  • 7.羽化の様子を鮮明に観察したいとき。

等々

【ご使用方法】

飼育ケースを使用し、ケースの底に約1cm弱程度の水を入れ、ウレタンスポンジに水分を十分浸透させます。 *写真1

(側面から見たときに底に1cmほど水位が有れば十分です *写真2)


尚、コバエシャッター等機密性のある飼育容器の場合は水分の補充はほとんど必要有りませんが、通常のケースの場合は乾燥に注意をしてください。

加水をする場合は、スポンジ側面に水をかけ、蛹に直接かけないようにしてください。

*画像と商品の色は異なります


注意点


  • 1.落としたり、衝撃を与えないようにし、なるべく静かな場所で管理をしてください。
  • 2.羽化不全は人工蛹室を使用しても完全に防ぐことが出来ないこともありますのでご了承下さい。
  • 3.湿度の高いときは水分量を減らしたりケースのふたを外すなどをして対応をしてください。
  • 4.国産カブト、ヒメカブト等縦型に蛹室を作る種類には不向きです。

◇メガエッグM

小・中型個体用


国産クワガタ・その他外産個体

外寸:
縦約120mm×横約197mm×高さ約70mm

小ケースに収まります。

蛹室部:
1.縦約80mm×最大幅約41mm×最深高約35mm

2.縦約105mm×最大幅約60mm×最深高約45mm


◇メガエッグL

中★大型個体用


ギラファ・パラワン・コーカサス等の大型個体

外寸:
縦約120mm×横約197mm×高さ約70mm

蛹室部:
縦約158mm×最大幅約75mm×最深高約48mm

小ケースに収まります。

◇メガエッグLL

超大型個体用


ヘラクレス・ゾウカブト等の超大型個体

外寸:
縦約160mm×横約265mm×高さ約70mm

蛹室部:
縦約225mm×最大幅90約mm×最深高約50mm

中ケースに収まります。


◆蛹の取り出し方◆


蛹に大きな衝撃が加わると羽化を出来なくなるときがあります。

作業は時間をかけて、ゆっくり慎重に行ってください。

1.蛹室のある場所を確認します。
瓶中央部に蛹室を作っていて確認出来無いこともあります。

2.蛹室直前まで、マットや菌床を取り除きます。

3.蛹の位置を確認して、瓶を斜めにし蛹を蛹室先端に移動させます。

4.蛹を移動させた蛹室位置の反対側先端に穴を開けます。

5.4で開けた穴にスプーンを入れ蛹室上部を取り除きます。

6.蛹室上部が取り除かれて蛹が出てきました。

7.瓶をゆっくり斜めにして蛹を取り出します。

8.蛹を取り出すことが出来ました。

9.人工蛹室に入れて完成です。
取り出し作業前に、人工蛹室の準備をしておいて下さい。
*画像と商品の色は異なります


【前蛹 の状態です。】


蛹になる前の状態ですが、この時期でも人工蛹室へ移すことが出来ます。

蛹の時よりも、移動時期としてはこの状態の方がむしろ安全です。

蛹室完成後でも、前蛹になる前(幼虫に張りがありシワが出ていない)の状態では、蛹室を作り直そうとしますので人工蛹室へは移動できません。

前蛹前に蛹室を壊してしまった場合は、粘度のあるマットを蛹室の形に固めて様子を見ててください。

上記で固めたマットを壊して、マットに潜ろうとする場合は、前蛹状態ではありませんので、蛹室をもう一度作ろうとます。

ケース底はマットを固めて、固めたマットの上にビン又は飼育ケース上までマット入れ、自力で蛹室を作り直させてください。

多分完全な状態に作り直すことは出来ないはずですので、前蛹 になりましたら必ず人工蛹室に移してください。

★ご一緒にご購入いただくと便利なお勧め商品★

◇コバエシャッター◇


湿度の確保! 乾燥が少ない為、日々の霧吹き等はほとんど不要に!

観察に最適! 透明なフタで中の虫の様子がよく解ります。

◇メガエッグM、メガエッグLには、小ケースを

◇メガエッグLLには、中ケースを


◇マット、菌糸瓶交換用スプーン◇


菌糸瓶、マットからの取り出し作業に便利です。

◆硬質タイプスプーン(*全長 約33cm) 店長お薦め♪

材質が非常に堅いため作業が非常に楽になります。



【住所】 〒483-8323 愛知県江南市村久野町門弟山264 【営業時間】 am11:00 - pm20:00

※直販・お電話からのご注文は承ることが出来ません。
※また、お電話での対応も出来ない場合が非常に多くなっています。
◇事務所への直接のご来店をお断りさせていただいています。
◇ご注文・お問い合わせは、お問合せ専用フォームよりお願いいたします。

オーナー画像

【お願い】
当店では、メールでの対応を最優先させていただいています。
ご注文、お問い合わせ、ご質問へは、サイト上又はメールにてお願いいたします。
お電話からのご注文は承ることが出来ません。
また、メールへの返信作業、梱包作業等の業務中は電話に出ることが出来ません。
(現状、ほぼ全ての電話対応が出来ない状態になっております)
何卒宜しくお願い致します。